W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
HIV感染症(HIVかんせんしょう) または、エイズ

*感染症*

v


百日ぜき
溶連菌感染症
麻疹(はしか)
風疹
突発性発疹
伝染性紅斑
水痘
流行性耳下腺炎
手足口病
ヘルパンギーナ
咽頭結膜熱
伝染性単核症
HIV感染症
インフルエンザ

小児結核


v



原因
 HIV(human immunodeficiency virus)感染により、ウイルスや細菌感染などから身を守っている免疫機能が破綻するエイズ(AIDS…後天性免疫不全症候群 acquired immunodeficiency syndrome)が発症する状態に進行していきます。
 わが国の患者の特徴は血友病患者、男性同性愛者、薬物濫用者に加えて、異性間性交渉による感染者が多いことです。感染経路は性的接触、母子感染、血液を介した感染があります。唾液や涙にも少量のHIVが含まれていますが、同居、食器の共有などでは感染しません。

症状
 健康な人では感染しない、あるいは感染しても重症とならないようなサイトメガロウイルス、ヘルペスウイルス、真菌、カリニ肺炎などを起こします。小児では、くり返す重症細菌感染症が多いのが特徴的です。数年から十数年の経過でAIDSを発病します。
 胎内感染では頭が小さかったり、両眼が離れていたり、額が突出していたりする奇形を伴うことが多くなります。新生児、乳児例では早期から脳症、発達の遅れ、脳萎縮、脳の石灰化などのほか貧血、肝臓や脾臓のはれ、発育不全がみられます。

検査
 血液検査で、HIVが感染するリンパ球が破壊され、減少します。この細胞の数により、AIDS発病の危険性があきらかになります。
 診断は抗体の測定による感染の証明でなされますが、感染後6〜8週間は抗体は陰性です。また、乳児期は母親からの抗体が移行してくるので、抗体陽性のみでは感染が証明されません。

治療
 抗ウイルス剤による病気の進行の抑制と各種感染症の治療が中心ですが、必ずしも満足すべき結果は得られていません。

copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO