W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
ヘルパンギーナ

*感染症*

v


百日ぜき
溶連菌感染症
麻疹(はしか)
風疹
突発性発疹
伝染性紅斑
水痘
流行性耳下腺炎
手足口病
ヘルパンギーナ
咽頭結膜熱
伝染性単核症
HIV感染症
インフルエンザ

小児結核


v



 コクサッキーA群ウイルスの感染による夏かぜの一種です。
 乳幼児が夏に多くかかる病気です。潜伏期は2〜7日です。突然の高熱で発症し、のどが痛くなり、不きげんで食欲低下を伴います。発熱初期に熱性けいれんを起こすこともあります。
 のどが赤く、小水疱ができ、それが破れて潰瘍ができます。3〜4日発熱は続きますがその後は解熱し、のどの状態もよくなります。水分を十分与え、食事はやわらかい薄味のものにします。


copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO