W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ) または、プール熱

*感染症*

v


百日ぜき
溶連菌感染症
麻疹(はしか)
風疹
突発性発疹
伝染性紅斑
水痘
流行性耳下腺炎
手足口病
ヘルパンギーナ
咽頭結膜熱
伝染性単核症
HIV感染症
インフルエンザ

小児結核


v



原因
 アデノウイルス感染によって起こります。学童の間で流行し、夏にプールで感染することが多いので、プール熱といわれています。

症状
 潜伏期は5〜7日です。39度以上の突然の発熱で発症し、熱は朝はやや下降し、午後から夕方にかけて上昇します。4〜5日持続します。のどが赤くはれ、痛みもあります。
 結膜(しろめの部分)が赤くなり、目の痛みやまぶしさをうったえたり、涙や目やにが多くなります。1週間以内に治ります。

検査・治療
 血液検査では白血球やCRP(炎症があると上昇するたんぱく)が上昇して、細菌感染と区別できないことがあります。
 治療としては特別なものはなく、対症療法です。

copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO