W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
肥厚性幽門狭窄(ひこうせいゆうもんきょうさく

*消化器の病気*

口角炎
鵞口瘡
アフタ性口内炎

ヘルペス性
歯肉口内炎


唇裂、口蓋裂
先天性食道閉鎖
胃食道逆流
肥厚性幽門狭窄
先天性腸閉鎖

乳児下痢症、
急性胃腸炎


腸重積
胆道閉鎖

ヒルシュスプル
ング病(先天性
巨大結腸症)


鎖肛

原因
 胃の出口の幽門の筋肉が厚くなり、通過障害を起こす原因不明の病気です。
 乳児期早期に発症するため、かつては「先天性」と称されていましたが、その後の研究によって出生直後には幽門の肥厚は存在しないことがあきらかとなりました。

症状
 生後2〜3週間からお乳を吐き始めます。しだいに吐きかたがひどくなり、飲むたびに勢いよく全部吐いてしまいます(噴水状嘔吐)。
 吐いたあとは、すぐにお乳を欲しがります。吐くことが続くと、脱水や体重増加不良になります。

診断
 以前造影剤(X線に写る液体)を飲ませて、胃から十二指腸に造影剤が進みにくいことを確認していましたが、最近では超音波検査で幽門の厚くなった筋肉を直接観察することで診断することが多くなっています。

治療
 幽門筋を切って、狭くなったところを広げる手術(ラムステット法)をします。
copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO