W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
先天性食道閉鎖(せんてんせいしょくどうへいさ

*消化器の病気*

口角炎
鵞口瘡
アフタ性口内炎

ヘルペス性
歯肉口内炎


唇裂、口蓋裂
先天性食道閉鎖
胃食道逆流
肥厚性幽門狭窄
先天性腸閉鎖

乳児下痢症、
急性胃腸炎


腸重積
胆道閉鎖

ヒルシュスプル
ング病(先天性
巨大結腸症)


鎖肛

原因
 発生の異常による生まれつきの病気で、頻度は出生約5000分の1です。いろいろなタイプがあり、わが国ではC型が80〜85%を占めています。

症状
 胎児は羊水(子宮の中で胎児のまわりにある液体で、その中に胎児が浮いている)を飲み込めないので、母親の妊娠経過中羊水過多をみとめることが多くあります。出生直後から口内に唾液の貯留をみとめます。
 唾液が気管支から肺へ入ることにより、肺炎を起こします。

診断
 口から入れた管が胃に入らずに途中で戻ってしまうことをX線写真で確認します。

治療
 重篤な病気ですが、近年その死亡率は約20%まで低下しています。
 診断がついたら、上部食道の盲端にカテーテルを入れ、唾液の吸引を開始します。胃瘻[いろう]造設術(おなかを開けて胃にチューブを入れ、ここから栄養をとれるようにする)と気管食道瘻離断術を早期におこないます。さらに時期をおいて、上部食道と下部食道をつなげる手術をします。
copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO