W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
ヒルシュスプルング病(ひるしゅすぷるんぐびょう)または、先天性巨大結腸症

*消化器の病気*

口角炎
鵞口瘡
アフタ性口内炎

ヘルペス性
歯肉口内炎


唇裂、口蓋裂
先天性食道閉鎖
胃食道逆流
肥厚性幽門狭窄
先天性腸閉鎖

乳児下痢症、
急性胃腸炎


腸重積
胆道閉鎖

ヒルシュスプル
ング病(先天性
巨大結腸症)


鎖肛

 肛門に近い部分の腸の壁の中の神経細胞が欠如しているため、そこが広がらず便が通過しにくくなる病気です。

原因
 生まれたときから自然排便をすることはまれで、がんこな便秘となります。おなかがふくれたり、吐いたりすることもあります。

診断
 肛門から造影剤(X線に写る液体)を入れて、狭い無神経腸管とその口側の巨大結腸を確認します。また、肛門管の内圧を管を入れて測定します。

治療
 浣腸などで排便をコントロールし、生後3〜4カ月で手術をします。手術では無神経腸管を切除し、正常腸管を肛門につけます。
copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO