W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと   
入園前に身につけること

1.たとえ数時間にしても、親の手元から離れます。子どもにとっては、初めての自立の時でもあり、親子で喜びと不安を 知る一歩になることと思います。親が安心して子どもを出すには、「うちの子は私がいなくても大丈夫、 トイレも出来るし、話しもわかるし−−。」と思えることだと思います。親の不安は子どもに伝わります。親は「楽しいね。良かったね」とフリでも良いですから、建設的・楽天的な対応をするように心掛けましょう。

2.入園時までに親が教えておく大切な事は、「親が側にいなくても困らない」と思う気持ちだと思います。子どもの性格にもよりますが、数時間ならなんとかなる程度には育っていて欲しいと思います。

3.その気持ちが育つ一番は、人を信用出来る・大人が側にいれば安心・の気持ちです。生まれてからいつも誰か(母とか父)が側にいて、困った時には助けてくれて、ここち良さと安心などを味わって育つことだと思います。その気持ちがあれば、大人が側にいれば、基本的には困りませんので、子どもも安心して外に向かって歩いていけます。困った時には近くの大人(先生など)が助けてくれます。

4.気持ちとは別に実際の作業も出来れば、さらに自信がつきます。第一は、食べる事と排泄・言葉の理解・言葉で気持ちを伝える事、等でしょうか。次は靴を履く・脱ぐです。靴は案外くせものです。これが楽だと子どもの負担はずいぶん軽くなりそうです。

5.子どもの自立の為に親が側にいなくても心の安定が保てるように育てる第一は、親を中心とする大人の対応の仕方です。一貫性のある可愛がり方や愛情の示し方・いけない事をした時の叱り方、等でしょうか。簡単にいえば、たっぷりの愛情で、親への信頼が揺るぎなくなっていれば、親が子どもの心に住み込んでいるので、距離があっても心の安定が保てるのだそうです。
copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO