W E L C O M E T O M Y H O M E P A G E
  子育てねっと     病気のときどうする?
先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう

骨や関節の病気

v
先天性股関節脱臼
v
内反足、外反足
v
外反膝、内反膝
v

 股関節が生まれつきはずれている病気です。乳児期に見つかり治療すれば問題ありませんが、放置すれば股関節の痛みが出たり、跛行から歩行困難になります。乳児健診でのチェックが重要です。

症状
 乳児期には、明らかな症状はありません。一方の足が短い場合、両足をおなかと90度の角度に曲げ、外側に開いていくと、途中で開かなくなったり、カキッというような音がする場合は、股関節脱臼を疑って、レントゲン検査をおこないます。歩けるようになってからは、おしりを突き出すようにして、跛行します。

治療
 両足を伸ばしきった位置で固定することは股関節脱臼を起こしてくる危険性があるので、おむつをきつく巻かないようにし、足が自由に動くようにします。四つんばいのように、足を曲げている位置が股関節にもいいので、脱臼が疑わしい場合は、なるべく足を曲げた状態にしておきます。
 脱臼と診断されたら、リーメンビューゲルの装具をつけ、大腿部をおなかと90度に曲げた位置に固定します。大多数は股関節が自然に整復され、抜けなくなりますが、2〜3カ月つけることもあります。これで整復されないときは、手術で整復します。
copy right(c) http://naosat.fc2web.com/ ,Since2002/10/15
SEO [PR] カードローン比較  空気洗浄 冷え対策 動画 無料レンタルサーバー SEO